フランス生活お役立ちメモ

タグ:パリ

日本のシステムはよく知らないのですが、
フランスでは、妊娠したら、産婦人科医のところに通い、
妊娠後期に産院での診察に切り替わります。

産婦人科医は、多分、普通のアパートの一室に診察所を
構えていることが多く、そこでは出産できません。

私は、パリで日本語通じる産婦人科医のドウェイブ先生のところに
行っていて、産院は、先生が一週間に何回か勤務されている
Centre Hospitalier des quatre villesという産院で出産することに決めました。

別に、自分がかかっている産婦人科医が所属している産院でないと
出産してはいけないという決まりはなく、ドウェイブ先生のところに行っていても、
別の産院で出産される妊婦さんもいるそうです。
ただ、産院によっては、所属している産婦人科医の担当している
妊婦さんしか受け付けないというところもあります。

この産院、Centre Hospitalier des quatre villesは、
パリの西に隣接したサン・クルーにあります(駅から3-5分)。

きょうは、そのCentre Hospitalier des quatre villesの感想、レビューを
記事にしたいと思います。

先に言ってしまうと、私はこの産院、大満足でした。
2人目が出来たらまたここで産みたいです。

一番良かったのは、優しく、親身になってくれる助産師さん(sage-femme)が
たくさんたくさんいたことです。

この産院は、以前はセーブルにもあったのですが、
今はサンクルーのほうに統合されて、とても規模の大きな産院になっています。

助産師さんも60人いるって言ったかな???

なので、何か問題があったときの対応も安心です。

私は、弛緩出血という、出産後に子宮がうまく収縮しなくて
出血が止まらない状態になり、出産直後の処置が割と大変だったのですが、
10人くらいの専門家の人たちがうぁーっと一気にテキパキ対応してくれました。

弛緩出血自体は、比較的よくある問題のようですが。

たくさんのスタッフがいる、大きな病院だと、大切なのはスタッフ間の連携
だと思うのですが、感心したのは、引継ぎがちゃんとされていて、
昼間のスタッフと約束した処置でも、夜のスタッフがちゃんと忘れずに
声をかけてくれたり、対応してくれたことです。

色々な役割をするスタッフがいるので、自分に関わるスタッフの人数は
けっこうな数になるのですが、みんな自分の仕事をちゃんとこなすプロって
感じで、チームワークもよくて、本当に安心して過ごせました。

また、例えば、授乳の相談をしても、助産師さんによってアドバイスが
多少違ったりしたのですが、それが逆に、いろいろな考え方や
方法を知ることができて、とてもよかったです。

嫌なスタッフは、弛緩出血の対応で子宮の具合を確認しに来た、
変な子分みたいのを2人引き連れてやってきた
産婦人科医の若い女医だけ(その子分含む)。
お腹の触り方が、めっちゃ冷たい手で、
痛っい触り方で、患者の苦痛なんて全く気にしておらず、
全体が上から目線の偉そうな態度。
他のスタッフ数人からも同じチェックをされたけど、とびぬけて苦痛だった。
すんごい下手なインターンかと思っていたので、
「私産婦人科医の○○よ」と自信たっぷりに偉そうに
自己紹介されたときはびっくり。

そして、こっちは疲れ果てて頭がもうろうとして何言ってるかフランス語聞くの
困難なのに、立ち去りながら子分が私について、「彼女よく(フランス語)わかんないのね」
と余計な事を言っていたのが聞こえて、ものすごくイラッとしましたが、
それ以外の人はみんな親切で優しかったです。

今度日本に旅行に行く予定があるんだ、という人とか、
知っている日本語の単語、「アカンボウ」とか片言で話してくれる人とか、
私のbébéを本当にかわいいと思ってくれてるんだなぁという
感じで手伝ってくれたり、話しかけてくれたりする人とか。

もちろん、ちょっと「?」という人もゼロではないと思うし、
ドウェイブ先生も、「嫌な助産師さん(sage-femme)がいたら、
名前メモして教えてください。そうしないとよくならないから。」、
と言っていたけど、
幸い、そんな人には出会わなかったし、フランスで普通に生活していて
不快に感じる頻度と比べると格段に居心地よかったです。

建物も、外から見るとそんなに綺麗に見えませんが、
比較的新しくて、明るくて綺麗な産院です。

部屋は、2人部屋と1人部屋があって、
ムチュエルでカバーされるようであれば、1人部屋がおすすめ。
1人部屋は、一泊90ユーロ弱ぐらいだったと思います。

マタニテに支払う費用は、この部屋代だけなはずです。
我々はそうでした。
なぜなら、他はセキュリテソーシャルでカバーされるから。

ちなみに、私たちのムチュエルは、
それ以外の費用を600ユーロまで出しますよ、
というスタイルでした。

WIFIは、申し込めば1日たしか4ユーロぐらいで使えます。

1人部屋の設備は、
  • ベッド(高さや、背中部分を起こしたり角度を変えられる)
  • トイレ&シャワールーム
  • おむつ買え台
  • 洗面化粧台
  • おむつ用ゴミ箱と普通のゴミ箱
  • 赤ちゃんのベッド
  • テーブルと椅子
  • 冷蔵庫
こんな感じでした。

また、
  • 入院中にbébé使うビタミンD、ビタミンK、
  • おしりふき用コットン
  • おむつ1パック
  • へその緒の乾燥材
  • 鼻の掃除のときに使ったりする生理食塩水
  • 赤ちゃん用ボディソープ(ビオ)
  • 産褥ショーツ2枚
  • 産褥パッド1パック
  • 女性器を洗うためのソープ(ビオ)
が用意されていました。

これらは余れば自宅に持って帰っていいし、
退院後に使うビタミンDやへその緒乾燥材とかは、
退院時に処方箋を書いてくれました。

引き出しの中に、赤ちゃんにいつ授乳をした、ミルクをあげたかを
退院後も記録できる冊子も入っていて、退院後はこれで
しばらく記録をしていました。

それから、授乳の手引きとか、退院時の手続きについて、テーブルの上に
書類も置いてありました。

授乳については、最初3日ぐらい母乳が出てる様子がないので
いろんな助産師さんに何度も相談しましたが、
「最初3日はそれがあたりまえよ!」とみんな言っていました。
あと、アジア人女性は母乳が出るのに少し時間がかかると
言っていました。
色々と授乳のポジションを教えてくれたり、
初めて母乳が出るのを確認したときは、助産師さんに乳輪を
マッサージしてもらったときでした(感動!)。
みんなとってもフレンドリーでやさしかったです。

ちなみに、母乳が全然出てなくて、bébéがお腹が空いて
泣き続けている様子だったので、ミルクを足すことになったのですが、
そのミルクも、開封してすぐあげられる、哺乳瓶状のボトルに
入っているやつを必要な分すべて準備してくれました。

食事はよくないという噂だったので全く期待していなかったのですが、
私的には、病院なんだしこんなもんじゃない?
という感じで、普通、でした。

食い意地が張っている私は、いつも完食してました。
初日は塩気がほとんどない療養食みたいな感じですが、
そのあとは、肉の煮込みとか、サーモンのテリーヌみたいのとか。
だいたいお昼ごはんが美味しくて一番好きだったかな?
朝は、パンにジャム、ヨーグルト、チーズ、果物とかで、
コーヒーか、ミルクか、ショコラショーか選べました。
あ、15時ぐらいにお茶の時間もあって、クッキーと飲み物が出ました。
このお茶の時間のショコラショーが朝のより濃くて美味しくて
ほっこりでした。

退院するときは、3日目以降とかに、
朝、黄疸とか、体重がちゃんと増えているかとかを確認して、
退院できますと言われたら、お昼12時までに出てね、
という感じで結構あわただしいです。
私たちはちょっと12時過ぎちゃったけど。。。

産院をでるときは、名残惜しかったです。

外に出たら、こんな風に自分の赤ちゃんを大切に
扱ってくれる人たちはいなくなるんだぁと思ったら
さみしくなりました。

が、いざ退院してみると、フランスって、赤ちゃん連れてると
いろいろ話しかけてくれたり、喜んでくれたり、
大切にしてくれるので、この点ではなんていい国なんだろうと
思っています。

というわけで、Centre Hospitalier des quatre villes、私的には
とってもお勧めです。

そういえば、出産前には、6回ぐらいかな?
出産に関する授業を開講してくれています。
少しでもフランス語が分かって時間があるなら
行くことをお勧めします。
無料なはずです。
妊婦生活、出産、産後の家での生活について、
授業をしてくれます。

内容が薄い回もありましたが(そういうときは盛り下がる雰囲気)、
濃いときもあって、
そういうときは、とっても興味深かったです。

回によって、旦那さんと一緒にも行けます。

必須ではないけれど、ためになる情報もいろいろと
得られます。






















私は歯がけっこうボロボロでして。
虫歯がすごく出来やすい体質な上に、
子どもの頃と、社会人で忙しすぎた時代に、
ケアを怠っていたので神経も結構取ってしまっているし、
根幹治療も慣れちゃったぐらいなもんです。
悲しいことに。

で、フランスに来て、歯磨きはそれなりに頑張りつつ、
だましだまし?過ごしていたのですが、
詰め物が取れてしまって、
こうなっては歯医者に行くより仕方ないですよね。

しかも、痛い歯も出てきて、舌で触ると穴が出来ているみたい。
虫歯だ!

これはもう、絶対に歯医者に行くより仕方ない。

で、治療に通ったのが、
16区にある、ジャン ポール ミュラー歯科医院です。

奥様が日本人で、フランス語が出来ない患者さんには、
治療時に同伴してくださり、必要に応じて通訳してくださいます。

先生も少し日本語を話されます。

計6回ぐらい通ったかな?

まだまだ本当は、メンテナンスしたい歯があるのですが、
土曜日はやっていらっしゃらないので、
今の自分のスケジュール的に行くのが厳しい。。。
残念!

もちろん、行く前にはいろいろネットで評判は調べました。

おおむね評判もよくて、金額も大丈夫そうと思っていくことに
決めたのですが、
掲示板のジジモ パリ には、「もう二度と行かない!」なんて
書いている人がいました。
自分の感で、それでもなんとなく良さそうと思い行くことにしたものの、
はじめは若干心配しながら行きました。
治療を終えた今、私から言わせてもらうと、

ジジモ パリに 悪く書いた方!
あなた間違ってる!!

(実際間違った情報です。アメリカ製の既成の銀歯を入れられた
と書いてますが、それは、最終的な銀歯を入れるまでの
仮の歯として、ですよ。私も入れていただきましたが。

治療途中の期間のためだけなのに、最終的なものかと思うほど、
丁寧にしてくださっているわけです。
勘違いして怒ってた方は、仮の歯を入れられたまま終了したと思って
通うのやめちゃったのかしら??
最終的なものは、もちろん型とって作ります。
型を取るのも、削ったすぐ後ではなくて、削ったことによる炎症が
治まってからと時間を置いて丁寧に治療してくださる先生です。
なんでも急ぎ足の日本では、そんな時間取らないことが多かった気がします。
多分そのためにも勘違いしたのかも。
その日に型取らなかったからこれで終わりと思っちゃったとか。
次の回に型取ります。)

本当に、ちゃんと仕事をしてくださる信頼できる先生です。

先生は大きくて、シロクマ先生って感じなのですが、
雰囲気は、先生が飼っている猫ちゃんみたいな感じで、
笑っていないときは、ちょっと表情が硬く見えるから、
勘違いする日本人が多いのかもしれない。

少しちゃんと話せばいい先生だとわかるはずです。

フランス語がわからないと気付きにくいですが、
実は先生、真顔でシュールな冗談を連発しています。

治療がおかしい!ありえないことされた!なんて言う日本人の方は、
100パーセント勘違いしているだけだと思います。
フランスの医者はとんでもないとか、先入観や思い込みを
もってこわごわ行くからそうなるんだと思うけれど。。。

安心してください。
とっても知識が豊富で、まじめで、ちゃんと治療してくださる先生です。

これまでいろいろな歯医者に通いまくっている私が言うので、
信じていただいていいと思います!

しかも、金額も良心的だと思います。

フランスで歯の治療となると、ムチュエルがないと
どうしてもある程度金額はしてしまうとは思いますが。

参考までに私の場合の治療費用です。
程度によって変わると思います。
毎年同じとも限らないし。あくまで一例として。

歯石取りは40ユーロ、
詰め物が取れて、調整して再度入れてもらうのが70ユーロ、
軽い虫歯を治すのが、いくらだったかな、、、、一本40ユーロだったかな。
虫歯は程度にもよるんだろうと思います。
以上は、その日一回で治療が終わります。

以下は、3回ぐらい通うのが必要だったもの。
歯をすべて覆う銀歯を新たに作り、
入れてもらうのが、350ユーロくらい。
銀歯ではなく、白いセラミックにしたい場合は、700ユーロぐらい。
虫歯の治療は、別途治療費が必要だったかもです。

ここから、セキュリテソーシャル、またはムチュエルから
払い戻しがされます。

私の場合は、旦那が結構いいムチュエルに入っていて
家族である私にも適用されるので、
ほぼすべてがカバーされ、お金が全額返ってきました。

ほぼ、というのは、詰め物を再度くっつけた治療費は
どうだったかちょっと記憶にありません。
心配であれば、事前に確認されてください。

治療費払い戻しの申請は自分でする必要があります。
セキュリテソーシャルへの申請は、病院によってはして
くれるところもあるように思いますが(ムチュエルも種類によってはそう?)、
ジャンポール先生のところは、セキュリテソーシャル、ムチュエル
ともに、いただいた領収証を自分で送って申請する必要があります。

支払いは、現金でもチェックでも、カードでも可でした。

詰め物を作るのは、作る前に見積もりをくださいました。

さすが16区。
とっても素敵な建物の中にあります。

メトロ9番線のrue de la pompeから歩いて5分ぐらい。

他の人と被ることはなく、一対一で治療していただけます。
歯科衛生士とか補助の方はいませんが、
その分、日本でよくあるみたいに、先生が
他の人の対応を行ったり来たりするのを待つとかいう必要はありません。

補助の人がいない分、歯を削るときに舌を抑える手が少ないので、
きょくりょく、力を抜いていないと危ないです。
私は、日本で補助の人が舌を抑えてくれるのをあたりまえにしていたので
先生に指摘されるまでわからなかったのですが、大切なポイントです。

実は歯医者さんのお仕事は、動き回る舌との格闘だそうです。
傷つけないように。
まぁ、ちょっと傷つくことは割とあるし、すぐ治りますが。

一時間に一人だったか、ちゃんとスケジューリングされているので、
私は、行って待ったことは一度もありません。
日本のいい先生のところで、どれだけ待ったことか。
毎回1時間ぐらい待ってたなぁ。

また、奥様が治療が終わると、
お茶やお菓子を用意してくださって、至れり尽くせりな歯医者さんです。

奥様がとっても社交的な方で、シャイな方でも安心してお話できます!

いつの間にかそれが楽しみになっていたりして。。。

奥様が笑顔で元気よくお話しながらお菓子を用意してくださる横で、
先生が真顔でC'est pas bien...
C'est pas bien...
 (だめだよだめだよ、新しい虫歯ができちゃうよ。)と
ぽつりぽつりと控えめにつぶやき、
それをまた完全にスルーして笑顔でお菓子を準備して下さる奥様、
という画が実に面白いという。
楽しい素敵なご夫婦です。

敷地に入るときは、門のところでインターフォンを押すと
返事があって、開けてくださいます。

建物に入るときは、2つドアを通ります。
一つ目は、ナンバーは押さずに、一番下の大きいボタンだけ
押せばアンロックされます。
二つ目のドアは、どういう仕組みかわかりませんが、
ドアの前に行くとアンロックされます(笑)。
開けてくださってるのかな。

日本式の2階、フランス式に言うと1階にあります。

帰り、建物を出るときは、
門の手前の右手にアンロックするボタンがついた
棒が立ってます。

以下基本情報です。

ジャン ポール ミュラー歯科医院
Dr Jean-Paul MULLER

日本語予約(奥様につながります)
01 42 67 75 15

フランス語予約(たぶんジャンポール先生につながる)
01 42 60 14 91

住所
78 av Henri-Martin
75116 PARIS

アクセス
メトロ : 9番線 rue de la pompe 下車
バス : 65番 Victor-Hugo, Henri-Martin


あ、詰め物が取れたらなるべく早く歯医者に行った方がいいです。
詰め物が取れた歯は、歯の柔らかいところが露出した
状態になっていて、とっても弱くなっていて、
急激に歯の状態が悪化してしまいます。

私は2か月ほど放置してしまって(ヴァカンス直前に取れたから。。。)、
時間もお金も(ムチュエルでまかなわれたけど)かかってしまいました。





















































パリの日本語が通じる産婦人科医、ドウェイブ先生のところに行っていると、
先生が週に何日か仕事をされている、
Centre Hospitalier des quatre villes という産院(マタニテ)で
出産するという方も多いと思います。

その場合、妊娠期間の最後2回の検診は、マタニテでドウェイブ先生とあります。

今回は、私と同じく Centre Hospitalier des quatre villes で出産される方へ
向けて、検診の流れをお伝えする記事です。

--------------------------------------------------------------

このマタニテは、RERのサン・クルー駅から目と鼻の先にあります。
歩いて3分ぐらいですかね。

ランデヴーの20分前に到着してねとランデヴーの紙
に書いてあります。

なぜなら、最初にケス(受付、会計)を通るときに時間がかかるから。

中に入ってまっすぐ進むと、左手にケス(受付、会計)の窓口が5つぐらい並んでいます。

右手に整理券を発行するマシンがあるので、
たしか上から2番目のボタンを押して整理券を取り、
自分の番号が電光掲示板に出るのを待ちます。

自分の順番が来たら、窓口で、
cart vital 、ランデヴーの予定が記載された紙を渡します。

受付が終わったら、産婦人科の待合室に行きます。
ドウェイブ先生が病院内の地図をくれるので、それを見ればいいですが、
廊下が実際には結構長いです。
廊下を歩いて右手に待合室があります。

待っていると、看護師さんが呼びに来てくれ、
簡単な質問と、血圧を測ります。

その後、先生の部屋の前へ案内されるか、待合室で再度待つように
言われるので、待っていると、先生が呼びに来てくれます。

帰りはケスに立ち寄る必要はありません。

cart vitalで支払いはなしです。
(セキュリテソーシャルに申請していれば、妊娠何か月か以降の
必要な医療の医療費は無料)

ケスの右手には、個室の事務所がありますが、
ここは、入院の手続きをします。

妊娠後期になったら、早めに手続きしておけば安心。
というのは、いつ早産とかで生まれるかわからないし、
そういうときにもう登録終わっていたら慌てなくていいということ。
(妊娠中に転んだと伝えたとき、先生がそうお勧めしてくれました)

整理券のマシンで、administration(だったと思う)を選んで待ちます。

ここで、自分の登録ナンバーが書かれた紙をもらうので、
これがあればいつでも入院できるとのこと。

が、私たちは出産時、この紙を持っていくのを忘れちゃったんですけど、
それでも大丈夫でした。看護婦さんが確認してくれて。

この病院は、2人部屋と1人部屋があって、どちらが希望かをこの登録の際に
伝えます。
ムチュエルがあれば1人部屋でも費用がまかなわれる可能性ありです。
確認をしたうえで後日どちらが希望かを伝えてもOK。

話は変わりますが、お腹がすいたらケスの向かいにあるカフェテリアへ。
ホットサンドウィッチがお勧めです。
近くに一つブーランジュリーもあり、そこのハンバーガーとかも
悪くはなかったけど、坂を上り下りするのが何気に妊婦にはきついし、
味もそこまで美味しくない。
病院のカフェテリアのホットサンドの方が私は好きでした!

スーパーは、病院の近くにひとつフランプリがあります。

駐車場は、病院の向かいに有料のパーキングがあって、
そこはいったん料金を払えば一日駐車できました。

他の路上のパーキングは、二時間おきに再度入金が必要。
最近パリではスマホを使って離れたところから入金できますが、
この病院周辺はそれが使えず。
なので、出産時、入院時は先述の病院の向かいにある有料パーキング
が結局は重宝しました。

まとまりがあまりない情報ですが、今回はこんなところで!


パリで日本語が通じる産婦人科のお医者さんについてネットで検索すると
見つかるのが、ブローニュのパトリック ドウェイブ先生です。

結構お年も召していらっしゃるので、物腰はやわらかく、優しくて話しやすい先生です。

そして、先生の経験上、必要だと思うポイントをおさえてお話しくださる印象です。
きわめて適切にお話しくださると思います。

さらさらとポイントを絞ってテンポよく説明されるので、
あまりのらりくらりと患者さんの話を聞きながらというスタイルではないです。

なので、自分で個人的に気になっていることがある場合には、
あらかじめポイントをまとめておいて、サクサクッと先生に質問できる
ようにしていったほうがよいと思います。

そのうえで、質問にはきちんと答えてくださいますし、ちゃんと診てくださいます。

あんまりグダグダと神経質な心配を相談されても、先生は医者として、プロとして、
こうしたほうがいいという判断があって、それ以上はどうとも言えないし、
自分で決めてちょうだい、という風にはお考えなのかな、私は勝手に推察しています。

患者さんの情緒的なものにはそこまで付き合えないというか。

でもそれは普通だと思う。
自分が医者だったとしても、そういうスタンスで仕事すると思う。

決して冷たいわけではないです。
ジョークも交えてお話ししてくださいますし、親しみやすい先生です。

信頼できる先生だと思います。

私にとっては、感覚がまともな先生です。

受けたい医療にこだわりがあって、自分主導でいろいろと方向性を決めて、
それに付き合ってくれる先生を希望する人とか、心配性、神経質で、あれもこれも
とことん検査しないと気が済まない人とかは、合わない可能性はあるかも。

ちなみに、先生は一時期病気で休まれたことがあったそうで、
私も人づてに聞いた話だし、ネット上で病名を書くなんてできませんが、
私が聞いた病名は、誰が聞いても命にかかわる大病。
よく回復されたなぁという感じ。
けど今ああやって元気になられたということは、基本的には大丈夫なんじゃないだろうか。

以上、私の偏見にまみれているかもしれない私見をつらつらと書き、
失礼をいたしました。



先生の診察所の所在地はこちら。
65bis, Avenue Victor Hugo 92100 Boulogne-Billancourt

最寄駅は9番線の Marcel sambat。
駅から10分弱ぐらい歩くかな。
バスもありますね。

番地65bisの建物は、番地65の建物の隣にあります。

ヴィクトル ユーゴー という名前の通りはパリにたくさんあるようで、
シャンゼリゼにある通りじゃないから間違えないでねと初診時に言われました。

デジコードは不要で、先生のお名前のインターホンを押すと、
ブーッと音がしてすぐ開錠してくださるので、中に入って階段を上ります。
たしかフランス式の1Fです。

先生のお部屋の玄関入って突き当りに待合室の扉があるので、その中で待っていると、
隣室から先生が呼びに来てくださいます。

予約は電話で。番号は以下。
01 46 03 37 24

午前中は先生は診察していらっしゃらないので、留守電になったと思います。
先生が電話に出られるので日本語でOK。
あと、週に一度、水曜日だったか木曜日だったかは別の病院に
勤務していらっしゃって、不在です。

診察料は一回70ユーロ。
セキュリテソーシャルから返金はしてもらえますが、いくらか返金かは覚えてません。ごめんなさい。
私はムチュエルにも入っている状態で、トータル63ユーロぐらい返金されていると思いますたしか。

支払いは、クレジットカードは使えません。
小切手は使えたかどうかちょっと覚えてないので、予約のときに先生に確認してください。
私はいつも現金で払ってしまっています。

一回70ユーロは、私のフランス人の義母に言わせると高い(彼女の産婦人科医は
一回45ユーロだとか。ただ、地方です)。私が軽く調べたところでは平均的でした。
よくわかりませんが、もっと安いところもあるんでしょう。

ちなみに、領収書は紙でいただく必要はなくて、
先生のほうでセキュリテソーシャルに送ってくださるので(おそらくパソコン上で)、
自動的に返金されるはずです。

初診時にそんな説明がありました。




 

このページのトップヘ